栄養相談

東大阪市の岩崎内科クリニックでは、毎週火曜日、水曜日、木曜日、土曜日の午前中、管理栄養士による栄養相談を行っております。東大阪市の岩崎内科クリニックでは、毎週火曜日、水曜日、木曜日、土曜日の午前中、管理栄養士による栄養相談を行っております。
糖尿病、高血圧、脂質異常症など、食事療法が必要な方はお気軽にお問合せください。

糖尿病になると食べたいものが食べられない…と思ってはいませんか?

糖尿病になると食べたいものが食べられない…と思ってはいませんか?糖尿病を「治療では食事制限が必須の病気」と思っている方が少なくありません。
しかし実際は、糖尿病や高血圧、脂質異常症などの食事療法において、基本的に食べられないものはありません。食事療法は、「食べる量」と「食事バランス」を整える治療です。
当院の栄養相談では、栄養士が患者様一人一人に合った、無理のない食事療法をご提案します。

栄養相談の流れ

1普段の食生活をヒアリング

現在、患者様がどのような食生活を送っているか、詳しくお伺いします。

2目標設定

現在の食生活、また患者様のお身体の状態に合わせて、無理のない目標を立てていきます。
ご不安な点がありましたら、遠慮なくお尋ねください。

3定期的なアドバイス

食事療法は、良い食生活を続けていくことが大切です。定期的にチェックを行い、栄養士からアドバイスをいたします。どうしても辛いということがありましたら、我慢せずに仰ってください。

4患者様の「正しい食への知識」を増やしていきます

バランスの良い食事の大切さ、食品交換表の活用方法など、食事療法においてだけでなく、生涯の健康に役立てていただける「正しい食への知識」を提供して参ります。

無理せず継続的に食事療法を行うために

無理せず継続的に食事療法を行うために医師・栄養士から適切なアドバイスが受けられれば、食事療法はそれほど辛いものではありません。
大切なのは、一人一人に合った無理のない取り組み方を継続することです。
特に以下の3点に気をつけていきましょう。

11日3食きっちりと食べましょう!

「時間がなくて」「あまりお腹が減っていないから」と一食抜いてしまうと、その次の食事の後に急激に血糖値が上昇してしまいます。3食きっちり食事を摂ることで、血糖値の上昇を抑えることができます。
そしてそのためには、生活リズムを一定に保つということも大切になります。

2適正なカロリーを摂取しましょう!

1日の適正な摂取カロリーは、一人一人異なります。
以下の計算式を参考に、ご自身の適正な摂取カロリーを把握し、実践していきましょう。

適正なエネルギー量(kcal) =
 標準体重(㎏) × 身体活動量

※標準体重は、「身長(m)×身長(m)×22」で算出
※身体活動量は以下の表の通り

  • デスクワーク、家事などの軽い労働 25~30kcal
  • 立ち仕事中心の普通の労働 30~35kcal
  • 力仕事の多い重い労働 35kcal~

3栄養バランスが良い食事をしましょう!

炭水化物、タンパク質、脂質をバランスよく食事から摂取しましょう。また、ビタミン、ミネラル、食物繊維を含む食品も、意識的にメニューに取り入れましょう。

TOPへ戻る
お電話でのお問い合わせ tel.06-6722-1202 電話予約 WEB予約 電話予約 WEB予約