内科

このような症状・疾患でお悩みではございませんか?

このような症状・疾患でお悩みではございませんか?
  • 発熱
  • 頭痛
  • 腹痛
  • 咳、喉の痛み
  • 吐き気、嘔吐
  • 鼻水、鼻詰まり
  • 体がだるい
  • めまい
  • 風邪、インフルエンザ
  • 胃腸炎
  • 生活習慣病

風邪症状やちょっとした体の不調があるとき、どの科を受診したらいいか分からないというときには、お気軽に当院にご相談ください。

生活習慣病

糖尿病

糖尿病糖尿病専門外来を設置しております。
近年、薬物療法においては、さまざまな薬剤が開発され注目を集めています。もちろん、そういったお薬も必要に応じて使用いたしますが、あくまで糖尿病治療の根幹は、食事療法・運動療法にあると当院は考えます。
当院では、検査技師、看護師、管理栄養士とチームを組み、無理のない適切な食事療法・運動療法を行って参ります。
また、院長が大阪大学で研究していたCGM(持続的に血糖値を測定する検査)も導入し、血糖変動の安定したテーラーメイド治療をご提案します。

高血圧

高血圧血液が血管に強い圧力をかけ続けている状態が「高血圧」です。
血管から弾力性が失われてもろくなる動脈硬化が進むと、心筋梗塞や脳梗塞など、命にかかわる疾患のリスクが高まります。

治療方法

食事療法では、塩分摂取量のコントロール(目標値は1日6グラム以下)に取り組みます。運動療法では、患者様の年齢や体の健康状態に応じた、無理のない運動習慣をご提案します。
その上で、必要に応じた薬物療法を行います。

脂質異常症

脂質異常症LDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪などの血中の脂質が異常値を示す病気です。
自覚症状なく進行していき、動脈硬化を招きます。放置していると、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高まります。

治療方法

食事療法では、脂質のコントロールを中心として食習慣を改善します。運動療法では、年齢や体の健康状態に応じた、無理のない運動習慣をご提案します。
その上で、必要に応じた薬物療法を行います。

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム複数の生活習慣病を発症している状態です。単なる肥満とは異なり、動脈硬化がより進みやすい状態です。

治療方法

患者様の抱える生活習慣病に応じて、脂質や塩分などの摂取量をコントロールした食習慣の改善を行います。運動療法とあわせて、肥満の解消にも取り組みます。

痛風

主に足の関節に生じる強い痛みの発作が特徴の生活習慣病です。
この発作の背景には、血中の尿酸値が高まり、関節などで結晶化する「高尿酸血症」が存在します。治療をせずに放置していると、発作時の痛みが強くなり、また尿路結石などの合併症のリスクも高まります。

治療方法

痛風発作が起こっている場合には、鎮痛薬を用いて痛みを和らげます。その上で痛風発作の原因となっている高尿酸血症の治療のため、尿酸値を下げる薬を使用します。
食事療法も必須です。プリン体が多く含まれる食品やアルコールを控えるとともに、尿酸を排出するために積極的に水分を摂取します。またこのとき、清涼飲料水などの糖分の多いものを避け、水・お茶で水分摂取することが重要です。高血圧の合併を防ぐため、塩分摂取量もコントロールします。

睡眠時無呼吸症候群

あなたやご家族、このような症状ございませんか?

あなたやご家族、このような症状ございませんか?
  • 夜寝ているつもりなのに、日中に強い眠気におそわれる
  • いびきをかいている、一時的に呼吸が停止している
  • 集中力の低下、疲労を感じる
  • 夜中に何度も目が覚める
  • 起床時だけ頭痛がする
  • 肥満傾向にある

睡眠時無呼吸症候群の検査と診断

まずは問診で健康状態や睡眠の状態をお伺いします。睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合には、簡易型検査装置によるスクリーニング検査を行った上で、その診断をいたします。
スクリーニング検査は、ご自宅で睡眠中に受けていただける検査です。

睡眠時無呼吸症候群の治療

主にCPAP(シーパップ)療法と呼ばれる方法で治療します。
ご自宅での就寝時に、装置から出ている鼻マスクを装着し、睡眠中に空気を送り込んで気道を確保します。CPAP療法に使用する装置は、レンタルでのご利用が可能です。
その他、肥満を原因として気道が狭まっている場合には、食事療法・運動療法を組み合わせた減量も有効です。

TOPへ戻る
お電話でのお問い合わせ tel.06-6722-1202 電話予約 WEB予約 電話予約 WEB予約