GLP-1

GLP-1受容体作動薬とは?

GLP-1(ジーエルピーワン)は、私たちヒトの体内にもともとあるホルモンです。主にインスリンの分泌を促し、血糖値を下げる役割を担います。
そして生活習慣の改善や飲み薬だけでは血糖値をコントロールできないとき、体外からGLP-1を補う目的で使用するのが、GLP-1受容体作動薬です。
GLP-1受容体作動薬は、食後に血糖値が上昇したときのみ反応して作動します。空腹時には作用せず、低血糖を起こしにくい薬剤です。また、血糖値を下げる薬と比べると、体重増加の心配もほとんどありません。

なお近年、「痩せるホルモン」「ダイエット注射」などと称してダイエット目的でGLP-1受容体作動薬を使用されているケースがニュースになっていますが、健康な方がGLP-1受容体作動薬を使用することのリスクを考慮し、当院ではダイエットを目的として処方することはありません。正しいご理解・ご使用をお願いします。

GLP-1はどんな働きをするの?

インスリンの分泌を促す

すい臓からのインスリンの分泌を促し、血糖値を下げます。同時にグルカゴン分泌を抑制し、食後の血糖値の上昇を抑えます。
※グルカゴン:糖の血中への放出作用のあるホルモン

消化器への作用

内容物を先に送る胃の蠕動運動を抑制します。内容物が腸へとたどり着くタイミングを遅らせて、食後の血糖値の上昇を緩やかにします。

中枢神経への作用

脳の視床下部に働きかけ、食欲を抑えます。そのため、体重の増加を防ぐことができます。

GLP-1の投与はライフスタイルや年齢に合わせて

GLP-1受容体作動薬には、週に1回の投与でよいもの、1日1回または2回の投与でよいものなど、いくつかの種類があります。
また、ご高齢の方、認知症の方で自己注射が難しいという場合には、成分が徐々に放出される“徐放性”の薬剤を、週に1回程度ご来院していただいた上で投与する、ということも可能です。
患者様のライフスタイルや年齢、健康状態に合わせた使い方できますので、どうぞご安心ください。

GLP-1の投与の注意点・副作用

  • 注射を開始してしばらくのあいだ、吐き気、下痢などが起こることがあります。
  • 他の薬を併用していない限り、低血糖の心配はほとんどありません。ただし、気持ち悪さ、手足の震え、ふらつき、脱力などの低血糖を示す症状が現れた場合には、吸収の早い糖分を摂取するようにしてください。また、危険を伴う作業、自動車・バイクの運転などを行う場合には注意が必要です。

GLP-1のよくある質問

GLP-1とインスリン製剤、何が違うの?

GLP-1受容体作動薬は、投与によりインスリンの分泌を促し、食後の血糖値を下げます。血糖値の上昇時にのみ作用すること、体重増加を抑えられること、単独で使用する場合の低血糖のリスクの低さなどが特徴です。
インスリン製剤は、投与により直接的にインスリンを補います。効果が現れるまでの時間、持続時間が異なる製剤があり、患者様一人一人に合った血糖コントロールが可能です。

GLP-1は2型糖尿病の人しか使えないのでしょうか?

はい。GLP-1受容体作動薬は、あくまでインスリンの分泌を促す薬剤です。そのため、インスリンを分泌する機能が残っている2型糖尿病の方にのみに効果があります。
一方でインスリンは、インスリンそのものを身体の外から補います。そのため、1型糖尿病と2型糖尿病の両方の患者様に使用することができます。

GLP-1はずっと使い続けないといけないのでしょうか?

そんなことはありません。2型糖尿病の薬物療法においては、血糖がうまくコントロールできるようになれば、お薬を変更したり、減量したりします。
GLP-1受容体作動薬から飲み薬に変えるということも可能です。

糖尿病の人しか使えないのですか?肥満改善として効果があると聞いたのですが…

GLP-1受容体作動薬には、中枢神経に働きかけ、食欲を抑える効果があります。
海外では肥満症に対する薬として承認されていますが、日本ではあくまで2型糖尿病の治療薬としてのみ承認されています。
美容クリニックなどで処方されているようですが、当院ではダイエット目的としたGLP-1受容体作動薬の処方は行っておりませんので、ご了承ください。2型糖尿病の方で、治療に必要と判断した場合に限り処方します。

TOPへ戻る
お電話でのお問い合わせ tel.06-6722-1202 電話予約 WEB予約 電話予約 WEB予約