肥満外来

肥満外来を開設しております

肥満外来を開設しております肥満は、糖尿病・脂質異常症といった生活習慣病と深いかかわりのあるリスクファクターです。そして生活習慣病はまた、脳血管疾患・心疾患・がんのリスクを高めることで知られています。
当院では、それら生活習慣病を改善し、安心して明るく毎日を過ごしていただくための肥満外来を開設しております。
医学・管理栄養学に基づきながらも、患者様一人一人に合った無理のない治療を提案して参りますので、どうぞお気軽にご相談ください。
食事療法(栄養相談)については、医師とともに、在籍する2名の管理栄養士がサポートさせていただきます。

※肥満治療は、ダイエットを目的として行っておりませんのでご了承ください。
基本的に糖尿病や脂質異常等の疾患がある方のみを対象としております。

このような方が受診されています

このような方が受診されています

  • 健康診断などで糖尿病、脂質異常症などを指摘されたことがある
  • ウエストが85㎝以上ある(男性)
  • ウエストが90㎝以上ある(女性)
  • BMIが25以上あるので生活習慣病を改善したい
  • リバウンドを繰り返している
  • 食べることが好きで食事量を減らしたいけどなかなか減らすことができない
  • お腹が出ており、内臓脂肪も多い
  • お腹が空いている訳でもないのに間食をしてしまう
  • 最近急激に体重が増えた
  • 医師、管理栄養士のサポートを受けたい
  • 運動が続かない・何をしたらいいのか分からない

あくまで、生活習慣病治療の一環としてのダイエットとなります。もちろん、生活習慣病等の診断を受けていない方が当院で検査・診断を受け、肥満外来を受診するということは可能です。
適応となるのか分からないというときには、まずは一度、当院にご相談ください。

当院の肥満外来の適応とならない方

  • ダイエットだけを目的としている
  • 糖質制限ダイエットをしたい
  • 美容のためだけに痩せたい
  • 食事療法・運動療法のうちどちらかをまったくするつもりがない
  • 短期間で痩せたい
  • 特定の食べ物・飲み物(健康食品等)を使ったダイエットをしたい

当院の肥満外来は、ダイエットのみを目的とした方は適応となりません。また上記に該当する場合には、健康保険も適用となりません。予めご了承ください。

当院の肥満外来の特徴

岩崎内科クリニックの肥満外来の特徴をご紹介します。

特徴01.即日検査が可能

即日検査が可能肥満は糖尿病の発症リスクが高いため、糖尿病の即日検査にも対応しております。
また、より精密な検査として、24時間の血糖値を持続的に測定する「CGM」という検査もご用意しております。腹部や腕にセンサーを装着し、普段通りの生活を送りながら血糖値を測定できます。
(CGM検査は血糖が不安定で治療の見直しが必要な方に行っております。)

特徴02.お一人おひとりに合わせてオーダーメイドの肥満治療をご提案

お一人おひとりに合わせてオーダーメイドの肥満治療をご提案食事療法や運動療法を画一的に提案するということはいたしません。
患者様の現在のお身体の状態や生活の状況、過去の失敗経験などを把握した上で、お一人お一人に合った治療を提案します。

特徴03.医師・検査技師・看護師・管理栄養士のチーム医療で患者様をサポート

医師・検査技師・看護師・管理栄養士のチーム医療で患者様をサポート医師を筆頭に、検査技師、看護師、管理栄養士が一体となって患者様をサポートいたします。
チーム医療で取り組むことで、より包括的な治療、細やかなアドバイスが可能になります。

そもそも肥満の基準は?

医学的には、BMIという数値を基準で肥満かどうかが判定されます。BMIが25以上で肥満となります。
BMIは、体重(㎏)÷〔身長(m)×身長(m)〕の式で算出します。
たとえば身長170センチ、体重80キロの場合ですと計算式は、80(㎏)÷〔1.7(m)×1.7(m)〕となり、BMI=27.68…、よって「肥満 1度」と判定されます。

判定 BMI
低体重 18.5未満
普通体重 18.5以上 25未満
肥満 1度 25以上 30未満
肥満 2度 30以上 35未満
肥満 3度 35以上 40未満
肥満 4度 40以上

肥満の原因

肥満の原因

  • 食べ過ぎ、飲み過ぎ
  • 脂っこい料理の食べ過ぎなどの偏食
  • 早食い、噛まない
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 喫煙
  • ホルモン異常
  • 遺伝性の病気

ホルモン異常や遺伝性の病気は、生活習慣と関係なく肥満を起こします。それ以外は、いずれも生活習慣にかかわる原因となります。

肥満のリスクは?どんな疾患を引き起こす可能性がある?

  • 糖尿病(2型)
  • 高血圧
  • 脂質異常症
  • 高尿酸血症、痛風
  • 心筋梗塞、狭心症
  • 脳梗塞
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 脂肪肝
  • 月経異常
  • 膝など下肢の怪我

肥満でお悩みの方の多くは、外見上のことを気にされています。しかし、上記のような疾患のリスクを高めることもご理解ください。
ただ言い換えると、肥満を解消することで、これらの疾患を予防・改善することが可能です。

肥満外来で行う検査

肥満外来で行う検査

  • 血液検査
  • レントゲン検査
  • 心電図検査
  • エコー検査

肥満外来では、主に上記のような検査を行います。(診察をさせていただき上で、お一人おひとりの状態に合わせて上記の中から必要な検査を受けていただきます。全員が上記すべての検査を行うということではございません。)
なお、健康診断や人間ドック等の検査結果がございましたらご持参ください。スムーズに治療をご案内できます。
血液検査は、糖尿病などの生活習慣病のリスクを把握するとともに、その方に適した肥満治療を知るために必要になります。

肥満外来で行う治療

食事療法と運動療法を基本とします。これだけで、肥満・生活習慣病を改善することも可能です。
必要に応じて、薬物療法を加えます。

食事療法

食事療法現在のお身体の状態、ライフスタイルを考慮した、無理のない食事療法を行っていきます。
特定の食品を食べてはいけないというわけではなく、バランスを大切にすることで、続けやすいものになっています。

栄養相談

医師、在籍する2名の管理栄養士が栄養相談を承ります。医学・管理栄養学に基づいた具体的なメニュー・食べ方を提案します。

運動療法

運動療法現在の体重やこれまでの運動経験、お住まいの環境などを考慮した、続けやすい運動をご提案します。
モチベーションを保ちながら、また楽しみながら運動を継続することが大切です。

薬物療法(内服・GLP-1・SGLT2阻害薬)

薬物療法では、糖尿病、脂質異常症とそれぞれに合ったお薬を処方します。
なお当院では、糖尿病に対する薬物療法として、GLP-1受容体作動薬、SGLT2阻害薬をご用意しております。

GLP-1受容体作動薬

小腸で分泌されるホルモンの1つであり、インスリンの分泌を促進する働きを持ちます。
また、食欲中枢への働きかけにより、食欲の抑制、満腹感の維持といった効果も期待できます。

SGLT2阻害薬

尿への糖分の排泄を促進するお薬です。そのままであれば身体に吸収される糖分が排出されるため、カロリーを抑えることができます。

当院の肥満外来は保険適用です

近年、自費診療での肥満外来・ダイエット外来を行っているクリニックが増えています。
ただ、当院では肥満を適切に、生活習慣病とともに改善するべきものとし、健康保険が適用される治療のみを行っています。医学的・管理栄養学的に正しい治療で健康を取り戻し、それに付随して美容面で嬉しい効果を得ていただければ、と考えています。
すぐに痩せる・何の努力もせずに痩せる、ということはありませんが、無理なく・長続きする食事療法・運動療法を提案して参りますので、どうぞお気軽にご相談ください。

一番上に戻る
お電話でのお問い合わせ 06-6722-1202お電話でのお問い合わせ 06-6722-1202 電話予約 050-5305-4836電話予約 050-5305-4836 WEB予約WEB予約